まごころサーバー公式wikiです。現在このサーバーは1.12.2で稼働しています。

CommandBlockEditor(コマンドブロックの座標を絶対/相対座標に変換するプラグイン【自作】)

基本情報

  • コマンドブロック内の座標データを絶対/相対座標に変換する。
  • WEの範囲選択にも対応。
  • 他の機能も作成を検討中

コマンド

コマンド解説
/cb edit(e)コマブロ編集モードの解除
/cb edit(e) soutai(s)コマブロ編集モードを相対座標に設定
/cb edit(e) zettai(z)コマブロ編集モードを絶対座標に設定
/cb change(c) soutai(s)WEの選択範囲内にあるコマブロの座標を相対座標に変換する
/cb change(c) zettai(z)WEの選択範囲内にあるコマブロの座標を絶対座標に変換する
/cb view(v)WEの選択範囲内にあるコマブロの情報を取得する
/cb helpヘルプコマンド
※コマブロを編集すると、編集したコマブロの座標をチャットログに取得します。
※changeコマンドも同様ですが、範囲内の全ての座標がチャットログに取得されるので注意。

コマブロ編集モード

  • コマンドブロックを右クリックすると座標が変換されます。
(本当は左クリックにしたかったのですが、間違えて壊しそうなので右クリックを採用)

エラー関係

  • 座標に関係しない文字列はそのまま変わらない(例:/tp @p ~ あああ~ → /tp @p 60 あああ 90)
  • 引数の間にスペースキーを114514回入力しても動作に問題はありませんコマブロにそれだけ入力できるかは別の話
  • コマンドの先頭にある「/」は削除されます。
  • コマンドの記述方法が間違っていても、本来座標を記述する箇所を編集します(例:/tp ~ ~1 ~ → /tp ~ 66 90)
※コマブロに指定するコマンドを想定しているため、このTPコマンドの記述は間違いとなります。
  • コマンドの引数が不足していても最後まで変換を実行します(例:/tp @p ~ → /tp @p 65)
  • 相対座標と絶対座標の記述が混同していても、コマンド実行時に指定したオプションに統一されます(例(相対座標にする場合):/tp @p ~ 66 ~ → /tp ~ ~1 ~)
※コマンドは正しく記述しましょう。そのためにも、変換コマンドを実行する前にコマブロが正常に動作することを確認しましょう。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます